総合ランキング
価格別人気ランキング
ランキングは毎週更新!
ノベルティお役立ち情報
  1. TOPページ
  2. すす竹和扇子&竹久夢二 黒竹和扇子

すす竹和扇子&竹久夢二 黒竹和扇子

日本の伝統工芸品の扇子は夏の風物詩として、男女を問わずご使用いただけるアイテムです。海外でも日本文化の象徴として人気があります。
竹久夢二のデザインをあしらった黒竹和扇子は、今もなお高い人気を集めている作家作品で、販促品やノベルティでも喜んで頂けるグッズです。

「すす竹和扇子」の特徴は何と言っても竹の品質です。5年以上育ち固く乾燥した竹を使用し、煮沸・加工と乾燥を3回繰り返すことで高品質な扇子骨に仕上がります。その高品質な扇子をコストパフォーマンスに優れた価格で提供しています。扇面には日本の伝統的な模様を施し、年齢性別を超えて使っていただけるようにしました。

すす竹和扇子

最低ロット 300

商品コード V010198

参考上代 260円

●サイズ/26×11×210mm ●重量/約25g
●材質/天然竹、ポリエステル ●カラー/藍染とんぼ、青舞桜、露芝
●包装/透明袋

@105円(税別)

【名入れ】すす竹和扇子の名入れは親骨の先端にインクで印刷となります。
印刷位置:親骨 印刷サイズ:W50×H5mm 向きは2パターンよりお選びいただけます。

Aパターン

要(手元)から先端に向けて印刷。
※開いた時は印刷内容が正しく読める向きですが、閉じている時は、右手で要(手元)を持つ事を一般とすると、印字内容が逆さに見えます。

Aパターン

Bパターン

先端から要(手元)に向けて印刷。
閉じている時は印字内容の向きが正しく読める向きになりますが、開くと逆さに見えます。

Bパターン

印刷色はご指定の色をお選びいただけますが、すす竹和扇子には『白』をお勧めしております。
※白以外の場合は、下地の影響を受け、見えづらくなる可能性がございます。

包装イメージ

透明袋入

白箱オプション

白箱+封入代@25円

名入れ1色名入れ代込み価格はコチラ
200本 @143円
300本 @139円
500本 @137円
1000本 @132円
5000本 @129円

※1色名入れの場合〈商品代+名入れ代〉版代別途6,000円

※300本未満のご注文の場合、ロット割れ手数料1,000円を頂戴します。

竹久夢二のデザイン画をあしらった扇子です。扇面のデザインを化粧箱にも施し、贈り物としても好まれる品です。竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて一世を風靡した、大正ロマンを代表する著名な画家で、夢二の芸術は、年が経つごとにますます高い評価をうけ、今なお揺らぐことなく人気を集めています。著名な作家によるグッズは、殆どの場合、名入れができませんが、名入れ可能なこともこの商品の大きな特徴です。「すす竹和扇子」と同様に、高品質な竹を使用しています。

竹久夢二 黒竹和扇子

最低ロット 200

商品コード V010300

参考上代 370円

●サイズ/26×11×210mm ●重量/約28g ●材質/天然竹、ポリエステル
●カラー/椿と猫(ベージュ)、いちごと猫(ブルー)、つる草と猫(ピンク)
●包装/化粧箱(34×13×224mm)

@145円(税別)

【名入れ】黒竹和扇子の名入れは親骨の先端にインクで印刷となります。
印刷位置:親骨 印刷サイズ:W50×H5mm 向きはすす竹和扇子同様に2パターンよりお選びいただけます。

Aパターン

要(手元)から先端に向けて印刷。
※開いた時は印刷内容が正しく読める向きですが、閉じている時は、右手で要(手元)を持つ事を一般とすると、印字内容が逆さに見えます。

Aパターン

Bパターン

先端から要(手元)に向けて印刷。
閉じている時は印字内容の向きが正しく読める向きになりますが、開くと逆さに見えます。

Bパターン

黒竹和扇子の印刷色は『白』をお選びください。『白』以外でも印刷をすることは可能ですが、
下地の影響を受け、見えづらくなる為、お勧め致しません。

包装イメージ

専用デザイン箱入り

白箱オプション

白箱+封入代@25円

名入れ1色名入れ代込み価格はコチラ
200本 @185円
300本 @180円
500本 @178円
1000本 @172円
5000本 @170円

※1色名入れの場合〈商品代+名入れ代〉版代別途6,000円

※200本未満のご注文の場合、ロット割れ手数料1,000円を頂戴します。

扇子の名称とサイズについて

販促品流通センターで取扱いをしている多くの扇子は7寸30間のサイズとなります。
『寸(スン)』は扇子の長さを表しています。
1寸=約3cmとなり7寸は約21cmの長さとなります。
『間(ケン)』は骨の本数を表しています。
1間=1本となり、30間は骨の本数が親骨と中骨を合わせて、30間となります。

扇子はこんなシーンで良く配られています。

【展示会】

展示会のノベルティといえば、バッグ、ボールペン、ボトル、LED系のグッズが定番といわれていますが、6月〜8月の展示会のノベルティは、コンパクトで携帯しやすい納涼グッズの扇子がダントツで選ばれています。熱気がこもった会場内で、その場で使われることも多くある様です。

【海外向けイベント】

和をイメージさせる扇子は、海外向けのイベントや外国人向けのお土産としても人気が高いノベルティです。日本の文化に簡単に触れることが出来る点も魅力となっている様です。

【来店記念】

店舗のキャンペーンノベルティとしても多く利用される事が多い扇子。来店記念の場合は、大量にばら撒く事が予想される為、1本105円とお手軽な価格が記念品として選ばれる理由です。

その他扇子はこちら

オリジナル扇子はこちら

ページトップへ