総合ランキング
価格別人気ランキング
ランキングは毎週更新!
ノベルティお役立ち情報
  1. オリジナルノベルティを製作するときのポイント

オリジナルノベルティを製作するときのポイント

オリジナルノベルティを製作するときのポイント

企業名(商品名)やサービスを効果的にPRしたいなら、オリジナルノベルティが効果的なツールです。ノベルティをオリジナル製作するときは、どんなアイテムに人気があるか、注意する点は何かなど、製作のポイントを知っておきましょう。

オリジナルノベルティとは?

ノベルティとは、もともと「珍しいものや事柄」を指す言葉。そこから転じて販促のために配る、人の興味を引くような品をノベルティと称するようになりました。珍しいものやレア度の高いものは、ノベルティとして有効です。通常の名入れをしたアイテム(社名ロゴの入ったボールペンなど)も一応オリジナルノベルティではありますが、あまりインパクトが大きいとは言えません。自社のキャラクターを印刷したり、他にはないデザインアレンジを加えることで有効なオリジナルノベルティになります。

オリジナルノベルティを作るメリット

オリジナルノベルティは、お金を出せば買える既製品とは違います。そこにオリジナルノベルティの強みがあります。銀行の粗品を考えてみてください。例えば市販品のラップや保存容器などは、もらった人にとっては便利ですが、メッセージ性の強いノベルティではありません。
それに比べて、ロゴやキャラクターをつけてオリジナルノベルティにすることで、企業名や商品名が記憶に残ります。ノベルティを使うことで自然に情報がインプットされ、企業のイメージ定着につながります。

オススメのオリジナルノベルティ

普段使いするもの、使用頻度が高いものをノベルティにするのがオススメです。ノベルティがもらった人の暮らしに溶け込めば、より目にする頻度も増えるでしょう。

オリジナルプリントバッグ

女性ターゲットの場合、バッグ・ポーチ類は強力な人気アイテム。デザインを変えればいくらあっても嬉しいバッグは、人気のキャラクター、流行のデザインやカラーリングで作ることがポイントです。

オリジナルボトル・タンブラー

マイボトルやタンブラーは、オフィスやプライベートで日常使いする機会が増えています。毎日使っていただけるので、メッセージがユーザーの記憶に残りやすいアイテムです。

オリジナルメモ帳

紙製品のノベルティはグラフィックデザインを効果的に展開できます。メモ帳は消耗品でもらった人が使う頻度が高いので、デザインに込めた情報やメッセージが深くインプットされることが期待できます。
オリジナルノベルティを製作する際は、「ターゲットが愛用すること」を第一に考えてデザインしましょう。例えばバッグやマグカップなら、人気のキャラや流行のデザインを前面に出し、企業ロゴは控え目に配置するといったこともポイントになります。

ノベルティ配布は、高い効果が期待できる販促プロモーションです。セミナー開催、新商品の発表、展示会などの機会には、上記を参考にオリジナルノベルティを製作してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ